面接で落ちたら、、、、その会社は二度と面接に行かない?行けない?

 こんにちは。

 今回は、一度面接に落ちたら、その会社には二度と面接に行かない?行けない? という話です。

 職を転々としてきた私ですが、一番最初にアルバイトをした大手飲食チェーン店は、最初の面接では不採用でした。

 その当時は浪人中ということもあり、自宅から遠くのアルバイトは正直考えにくかったです。また一番最初の社会への船出が、不採用で正直落ち込みました。

 大学も落ちて、アルバイトも落ちるなんて・・・。どうしよう・・・。本当は勉強に集中しないといけなかったのですが、家庭の事情もあり、どうしても空いた時間で家計を助けなくてはいけなかったのです。

 勉強にも集中できないし、お金も稼がないといけない。電車やバスで通っていくほどの時間もお金もない。

 やっぱり、あきらめきれない

 と思った私は、一度不採用になった店にしばらくたってから、もう一度面接に行こうと思いました。これでダメならあきらめようと。もちろん、面接に落ちてからすぐに面接には行ってません。当たり前といえば当たり前ですが。正確な記憶はありませんが、半年くらい??(大事なところかもしれませんが、記憶が曖昧ですみません。)経ってから行きました。

 最初の面接では、お米を炊くことはもちろん、包丁も握ったことがないのにキッチン(飲食店はホール(接客)とキッチン(調理)に分かれています。)で応募していました。そこで2回目は、ホールで応募しました。

 そしたらなんと採用!でした。

 自宅に電話がかかってきた(当時は携帯がなく、自宅の固定電話しかありませんでした。)ときは、喜び半分・不安半分というか、不安の方が大きかったことを覚えています。

 実際に働いて2週間もしないうちに、ミスを連発し、あっという間にレジ専用要因になってしまいました。不器用でどんくさいですから(-_-;) それでも、辞めるという選択肢はなく、レジで頑張っていました。しばらくたってから、その店の店長が交代することになりました。店長が交代してからも、しばらくはレジ専用要因でした。

 そんな時に、新しく赴任された店長から、ホールや接客のイロハを分かりやすく教えて頂きました。本当に分かりやすく、不器用な私でもいつの間にか、ホールで接客ができるようになっていました。そしてどんどん楽しくなっていきました。その店長さんには感謝してもしきれないです。本当にありがたい存在でした。今でも感謝しています。

 前置きが長くなりましたが、面接はアルバイト・社員関係なく緊張しますし、採用されることもありますが、不採用になることもあります。

 ただし、

 一度面接に落ちても、自分自身が思っているほど周りは覚えていません。 もちろん、一度面接に落ちたところに、もう一度面接に行くなんて、ありえない!と普通は思うかもしれません。しかし、その時の状況であったり、どうしてもその仕事がしたい!と思ったときには、どうでしょうか?

 自分が働きたいと思っている会社の面接に行って、不採用になったからといって、決してそこで終わりではありません。あきらめないで下さい。 その後社会人になってからも、似たような経験をしています。社員ではダメでしたが、何年かして再び面接に行ってパートで採用されたこともあります。

 一度ダメでも、決してあきらめないでください! 大事なので2回言いました。

 最後までお読みいただきありがとうございます。
 

この記事へのコメント